キャッシングと私たちの生活

キャッシングと私たちの生活

 子供のころから、私たちはお金を人から借りるのは悪いことだと教えられる。そして、借金をした人達の失敗経験を絶えず聞かされ続け、私たちはお金を借りることに関して、極端に恐れを抱くことになる。しかし、実は子供のころから、私たちはキャッシングによって生活を支えられてきたという点にも、注目すべきである。
 子供のころに生活した住宅。通常これは、親がローンを組んで購入したものである。あるいは両親がキャッシングを繰り返して住み続けた賃貸住宅かもしれない。日々通学していた高校や大学。場合によっては1000万円近くかかる教育費は、教育ローンによって維持されたものかもしれない。その他、自動車の購入費用、怪我や病気の治療・入院費用等、生活に欠かせない様々なものが、キャッシングによって支えられている。
 このようにみてみると、金融機関からのキャッシングは、恐れるべきものではなく、むしろ人生において積極的に計画して行っていかなくてはならないものであるというべきである。クレジットカードキャッシングや、インターネットキャッシング等、従来より手軽にキャッシング可能な現代こそ、計画的なキャッシングとともに生活を行うという意識を持つことが、私たちに求められている。